ご利用規約Terms of use

インターネット宿泊予約システム利用規約

ワシントンホテル株式会社(以下、当社という)は、当社の運用するインターネット宿泊予約システム(以下、当システムという)を利用することに関し、インターネット宿泊予約システム利用規約(以下、本規約という)を以下のとおり定めます。

第1条(基本的事項の遵守)

お客様は、当システムの利用に際し、インターネット利用の一般的なマナーやモラルおよび技術的なルール、その他の日本国の法令もしくは公序良俗を遵守するものとします。

第2条(基本的事項に反する場合の措置)

当社は、第三者に迷惑・不利益を与える等の行為、当社のシステムに支障をきたすおそれのある行為、又本規約に著しく反する等、当社が不適当と判断する行為を行なうお客様には、当システムおよび当社の施設のご利用をお断りすることができるものとします。

第3条(システムの利用条件)

お客様は、本規約に従い、当システムを利用するものとします。お客様は、当システムを利用して宿泊予約を行う際は、氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス等を登録していただきます。宿泊料金は、ご利用当日チェックインの際に現金又はクレジットカードでお支払ください。

第4条(宿泊契約の成立)

当システムによる宿泊予約は、予約番号がブラウザ上に表示されたとき、または、確定した予約内容を通知するEメールが発行されたときに完了し、その時点をもって当該宿泊施設とお客様の間で対象となる宿泊契約が成立するものとします。

第5条(宿泊予約の抹消)

前条の規定にかかわらず、宿泊予約の申込者が本規約に違反してなされたと当社が判断した場合、あるいは第6条の禁止事項に該当する行為があると認められる場合には、事前の通告なく、宿泊予約を抹消することがあります。

第6条(禁止行為)

当システムを利用するに当たって、次に揚げる行為またはその恐れがある行為は禁止いたします。

  • 宿泊予約に当たって、虚偽または不正な情報を入力する行為
  • 第三者になりすまして当システムを利用する行為
  • 当システムの運営を不当に妨害し、当社に不利益を生じさせる行為
  • 他のお客様もしくは第三者に対し、その権利を侵害し、損害を与える行為
  • 転売、有料による斡旋など営利目的に当システムを利用する行為
  • 公序良俗及び法令に違反する行為
  • 前各号のほか、当社が不適切と判断する行為

第7条(宿泊予約の取り消し、変更)

宿泊予約を取り消しまたは変更するときは、当システムを利用し速やかに変更登録を行うものとします。やむを得ない事情により、当システムを利用できない場合には電話にて当該宿泊施設へ連絡するものとします。 尚、宿泊者本人から、直接当該宿泊施設に取り消し又は変更の申入れがあった場合は、予約者の同意があったものと見なし予約者に確認することなく予約内容の取り消し及び変更をいたします。

第8条(違約金)

お客様が宿泊予約の全部またはその一部を取り消された場合、当該宿泊施設が定める「宿泊約款」に基づき違約金(キャンセル料)をお支払いいただきます。

第9条(個人情報)

当社が、当システムを提供する上で知り得たお客様の個人情報及び利用履歴について、以下に該当する場合を除き、第三者に開示することはありません。

  • 正当な権限を持つ公の機関に開示を求められたとき
  • 本人が承諾したとき
  • 緊急の対応を要する止むを得ない事態が発生したとき

当社は、お客様の情報を、当システムの利用動向調査及び、お客様へのサービス提供の目的で利用することがあります。その際は、お客様の個人情報及び利用履歴を、企業、団体、個人を特定できる方法で第三者に開示することはいたしません。 上記の他、当社はお客様の個人情報について、当社ホームページに掲載される「個人情報保護方針」に基づき適切に取り扱います。

第10条(宿泊ネットポイントサービス)

当システムを利用し、お客様が予約を行った場合に当社が提供する、宿泊ネットポイントサービスについては、当社が別途定める「宿泊ネットポイント会員利用規約」に準ずるものとします。

第11条(システムの停止)

当社は、以下の場合に、事前の通告なしに一時的に当システムを停止することができるものとします。

  • 当システムの保守点検、修理、改良等の作業を行うとき
  • 当システムを提供するために必要なシステム、機器に障害が発生したとき
  • コンピューター・プログラムの改修、バージョンアップ等、一時的にシステムを停止する必要があるとき
  • インターネット網に障害が発生し、通信不能に陥ったとき
  • その他止むを得ない事情があるとき

第12条(免責事項)

お客様が当システムを利用することにより、他者に迷惑または損害を与えた場合は、当事者どうしの責任において解決するものとし、当社は一切責任を負わないものとします。 お客様が、第11条の事態または通信の状態等が原因で、当システムを利用できなかったことにより何らかの不都合または損害が生じた場合でも、当社は一切責任を負わないものとします。

第13条(規約の変更)

当社は、必要に応じて、お客様に事前の通告なしに本規約を変更することがあります。本規約変更後にお客様が当システムを利用した場合、当社はお客様が変更後の規約を承諾したものとみなします。

第14条(協議)

当システムの利用に関して、本規約に定めのない事項について問題が生じた場合、当事者間で誠意をもって話し合い、解決に当たるものとします。

第15条(管轄)

当システムの利用に関して、当事者間の話し合いで解決できない紛争が生じた場合、名古屋地方裁判所を第一審専属合意管轄裁判所とし、日本の法令に従い解決されるものとします。

2013年8月1日改定

ページ上部へ